恋愛に発展するのか?9

脈打っている硬いぺニスを太ももの肌で感じ取っていた彼女は私が興奮しているのがわかったようで、私が要求しないにもかかわらず自ら私のぺニスを掴んできました。そして優しく上下にしごいてくれました。私も彼女の膣内を緩急をつけて指を動かしました。

お互いの性器を刺激しあう状態が続き、彼女の掌が私の我慢汁で濡れていくのがわかりました。我慢汁の性質上まるで少しローションをつけてぺニスをしごかれているような感じとなり更に気持ち良くなりました。

いつもならこの後にフェラをしてもらうことが多いのですが私は早くぺニスを彼女の中に挿入したくなっていました。彼女に入れていい?と聞くと彼女は黙って頷きました。

コンドームをつけると私は彼女が広げた両足の間に入りました。そして勃起して上向きに反り上がったぺニスを自分の手で掴みました。すぐに挿入するのではなくぺニスの勃起している角度を少し下げ亀頭を彼女のクリトリスに押しあてました。

亀頭を上下左右に動かしたり、または円を描くように動かしたりしてクリトリスを刺激しました。それからクリトリスと会陰部をゆっくり往復させて彼女の肉厚な左右の大陰唇や膣口を擦り続けました。

愛液で覆われていた彼女の陰部は亀頭に擦られることによって更に濡れるようになりました。そして膣口では膣内からの愛液が溢れ出てきており会陰部をつたって肛門まで滴り落ちていました。愛液が増える程、亀頭で陰部を擦りつける度にぴちゃぴちゃと音をたてているのがはっきりわかるようになりました。

その姿を見て私は更に興奮しました。私はちょっとS気質を出して彼女にぺニスを挿入して欲しいか尋ねました。彼女は恥ずかしそうにして目を逸らしましたが少し間を置いて
「入れて欲しいです。」
と返事をしてきました。

もともとS気質の私は彼女が恥ずかしながらもぺニスを求める姿を見てかなり嬉しくなりました。そして正常位でゆっくりぺニスを彼女の中に挿入していきました。膣内は生暖かく愛液で満たされており、コンドームをつけているにも関わらずまるでつけていないかのような滑りを感じました。

少し動くだけでもぺニスの快感は凄まじく、私は激しいピストン運動をしたらすぐにイッてしまうと思ったためいつもよりゆっくりとピストン運動をしました。それでも一定時間同じリズムで腰を動かしていると徐々に快感が高まりイキそうになるので、腰の動きを止めて抱き合って休憩していました。

次回に続きます。

にほんブログ村

このコンドームは殺精子剤が含まれており万が一破れた時や根元から精子が漏れた時に妊娠のリスクを下げてくれます。少し値段が高いですが自分とパートナーを守るため私も使用しています。パパ活をより安全に楽しみたい方はご一考下さい。

体験記

Posted by yousuke