恋愛に発展するのか?8

お互いを服の上から愛撫していると服を脱がせて直接触りたくなってきました。しかし、少し暑い日でしたのでお互い少し汗ばんでおり先にお風呂に入ることにしました。

服を脱いでいく彼女を目で追いながら私も服を脱ぎました。彼女が下着を脱いでから陰部を見ると剃った後の肌荒れがあったのか少し赤くなっていましたがアンダーヘアはきれいになくなっており、すごく興奮しました。

どうやって剃ったのかを彼女に聞くと自分でしたとのことです。私自身は女性のアンダーヘアの剃り方は知らないのですが、女性としては自分の陰部は見えにくい上にカミソリみたいな刃物をあてるとなると躊躇してしまうと思いますのでそこまでしてくれたことに嬉しく思いました。

お風呂に入り前回と同じように私が後ろから彼女に抱きつくような形で一緒に湯船に浸かっていました。片手で胸を揉むのと同時に足を少し開いてもらって陰部を愛撫しました。

アンダーヘアのない陰部は触り心地が良くクリトリスや膣口を指先や指の腹で丁寧になでていました。お湯に浸かっている状態ですので愛液はすぐ洗い流されるのですが、それでも少し愛撫を続けるとジェルのような感覚が彼女の陰部からは再び感じ取れたので愛液は出続けていると思いました。

しばらく湯船に浸かりながら彼女の胸や陰部を愛撫していたのですがお互い汗ばんできて、のぼせてしまったのでお風呂からでてベッドに向かいました。

ベッドでは隣り合う形で横たわりました。彼女は仰向けのままで私は彼女の方に全身向けて横向きになり先ほどと同じように陰部を撫でまわしました。それから中指の第一関節ぐらいまで膣内に挿入し中を掻き出すような感じで刺激しました。

湯船の中では愛液は流されて少し滑りを感じにくい所もありました。しかし、ベッドにて指を挿入し膣内から掻き出された愛液はすぐ陰部全体を覆いつくしました。アンダーヘアがないため摩擦抵抗がなく触り心地がとてもよかったのを覚えています。

彼女のあえぎ声も次第に大きくなりました。最初は中指の第一関節までしか膣に挿入していなかったのですが徐々に時間をかけて奥深くまで入れていきました。指を奥深くまで挿入してから最初はゆっくりとGスポットを刺激しました。そして徐々に動きを激しくさせると彼女のあえぎ声は甲高くなっていきました。

アンダーヘアがないことによりお風呂に入る前から興奮していた私のぺニスは強く勃起しており彼女の太ももに密着している状態で頻繁に脈打っていました。

次回に続きます。

体験記

Posted by yousuke