自粛中のパパ活2

普段では彼女に連絡した時はその日のうちに返信がくるのですがその日には返信は来ませんでした。

彼女は私と会っている以外にもメンズエステで働いているがマッサージだけで性的なことは全然していないと言っていました。それが本当かどうかは特に気にしてないのですが、彼女はお客さんとのやりとりを私にも話をしてくれていて、気に入らないことがあるとすぐに連絡を断っているようでした。

今までパパ活をしていて関係が終わるときにはちゃんとお礼も兼ねて連絡してくる子もいましたが、長く関係を続けていても自分にとって不都合があるとあっさり関係を終わらせる子もいました。彼女はどちらかというと後者の方の可能性が高いと考えていたのでこの子との関係は終わったかなと思っていました。

しかし、初めて会ってから2年近くになるのにこんなにあっさり終わるのも寂しく感じましたが彼女にとっては単なるお客さんなので仕方ない事だと思うようにしました。

そう思っていたところ4日遅れて返事が帰って来て、メディアでも自粛が騒がれ始めたのもあってか感染状況が落ち着くまで会うのを見合わせることに了承する旨の返事がきました。

彼女から今までこんなに遅れて返信をしてきたことはなかったです。今後もこの関係が継続できるかはわかりませんがとりあえず現況が治まれば再度連絡をしてみようと思います。

このようなストレスのかかる状況ではお互いの考えが合わないとそれが顕著になり関係が破綻することもあり得ると思いました。

この自粛がいつまで続くかはわからなかったですが私は2月下旬から不要不急の外出を控えていました。しかし、1ヶ月も家に閉じ籠りストレス発散もできない状況が続き、我慢できなくなったので感染のリスクが低くて了承がとれた子に会いました。

その子は社会人なのですが通勤は車を使っており、仕事も主に事務作業で多人数と会わなくていいような仕事をしている子でした。彼女にはこのような状況で場合によっては私が直前に発熱などの症状がでる可能性があるためキャンセルになるかもしれないけど会ってくれるか尋ねたところ了承してくれました。

彼女に初めて会ってからはまだ日は浅かったのですが、社会人のためか落ち着いていて、話をしていて気楽な感じでしたので一番ストレス解消にもなると思っていました。

他の子も会っていて楽しいのですが、ほとんどが大学生で日常生活が違うことが多いです。純粋にエッチや会話を楽しむには十分ですが、自粛生活が長引いてストレスがかかっている状況の中では自分と生活スタイルが似ている社会人の彼女の方がゆっくりできて癒してくれる存在でした。

特に発熱や倦怠感などなく予定通りの日に彼女に会えました。自粛生活が続いていた中で久しぶりに会えたことが嬉しかったです。彼女も元気そうで安心しました。職場では中国から資材が届かなくなって業務が滞ってはいるものの、特に休みにはならず逆に忙しくなっているとのことでした。

ホテルに入って食事を済ませた後に一緒にお風呂に入りました。彼女を後ろから抱きながら湯船に浸かっていたのですが、本当にリックスできて自粛していたストレスが解消していくのが実感できました。

お風呂を出た後にセックスをしました。久しぶりのセックスでしたのでちょっと緊張しましたが始まると彼女も久しぶりのセックスだったのかいつもより感じていました。

セックスが終わった後に彼女を腕枕しながらまったりしました。いつもより長くしていたので疲れてしまって熟睡していました。

ホテルを出て彼女を送っているときにこのまま自粛が長期間にわたることにより自然消滅になることを心配していたと言われました。それは私自身も懸念していたと伝えました。

緊急事態宣言が出される前に会えて、お互いの気持ちが確認できてよかったと思いました。

今回の自粛を契機に疎遠になって自然消滅する子もでてくるかもしれませんがそうならないように願っています。

にほんブログ村

体験記

Posted by yousuke