確認不足で失敗した

7月 24, 2020

今回はメールでやりとりして顔合わせが決まったのですが、確認不足が原因でパパ活に対してのお互いの認識が違っていたがためにうまくいかなかった話です。

顔合わせした子は20歳のフリーターでキャバクラで働いている子でした。髪は黒髪のロングで清楚系の服で可愛らしかったですが化粧もせず、まさに仕事がオフの日という感じでした。身長は160cmくらいで、事前に見た写メでは顔は写ってなかったのですが下着姿でスタイルは良かったと思います。実際に会ってみて顔は美人系で最初の印象としては悪くなかったと思います。

私は顔合わせの時は色んな話をして、本当に18歳以上か推測できるような質問をする事が多いです。この子もキャバクラで働いていると言っていたので、お店やお客さんの話を聞いていました。女の子の中には私生活のことを聞かれるのを嫌がる子もいるのですが、嫌がる事なく言ってくれる子の方が長続きする事が多いので私は聞くようにしています。

この子はメールでやりとりしていた時は敬語で礼儀正しかったので会おうと思ったのですが、いざ会ってみるとタメ口でこちらの質問にも面倒くさそうに答えているような感じでした。

いかにも他に何人も割りきり相手がいそうな感じがしたのでこれはダメだなーと思ってこの子と定期的に会うのはやめようと思いました。

しばらく話をしてから話も終わりに近づいてきたときに相手の子からこれでお手当てもらえるんですか?と聞かれました。私は当時顔合わせの時には交通費は出していましたが、具体的な金額を決めておらず、一回分のお手当てに関してははっきり否定しておらずメールでのやりとりの時には何もいいませんでした。

そして相手の子は顔合わせだけで1回分のお手当てが貰えると思ったみたいです。私は交通費ぐらいなら出すけど1回分のお手当ては出せないと言うと、怒りだし、そんなんだったら来なかったわ。1万円でいいから払って。と言われました。

私の確認不足のせいでもあったので1万円支払いました。1万円をもらった後に彼女は何も言わずそのまま顔合わせしていた店から出て行きました。帰っている途中に彼女が他の男と待ち合わせしている姿を見ました。おそらく私との顔合わせの後に割りきりをすることになっていたと思うので、この子と定期的に会うことにならなくて良かったと思いました。

この事から私は顔合わせの時には3千円を支払う事を了承してもらうようなりました。これからパパ活をしようとしている男性は顔合わせの時にどれくらい支払うかを相手と同意してから会う方がいいと思います。

次はまた別の子の話となります。その子は25歳の社会人で身長が155cmくらいで髪型は黒髪のボブでした。よく友達からはカワウソに似ていると言われるみたいですが、会ってみると目がクリッとしていて可愛い感じでした。

小柄で好きなタイプだったのでうれしかったのですが顔合わせの時に色々確認してみると、どうやらエッチなしの関係希望ということがわかりました。

私は会う前のやりとりで割りきった関係希望と連絡するのですが、返事がきた女性でも割りきりの意味の認識が私と違うことがあります。

割りきりとパパ活の違いというのは特に明確ではないのですが、割りきりとは割りきってエッチをするということだと思います。パパ活はエッチなしでお金をもらうことが前提という認識もあるみたいで、彼女は割りきりとパパ活を同じようにとらえていたようです。

確かに割りきりという言葉は一昔前から聞いているのですが、パパ活は比較的新しい言葉で今の子にとってはどちらも似たようなものとして考えるのは無理もないかなと思いました。

このことから私は会う前には割りきりの意味を知っているか確認するようになりましたので、割りきりという言葉を使っている方がいればちゃんと相手と自分の意味のとらえかたが同じか確認した方がいいと思います。

にほんブログ村

体験記

Posted by yousuke