バレリーナ6 

7月 24, 2020

彼女は頑張ってしばらく営業していましたがうまくいかないみたいで会った時に泣いてしまうこともありました。そして、よっぽど追い詰められたのか私に対して顧客になってくれないかと頼ました。正直に言うと、この状況からは彼女がそういう事も言ってくることも予想していました。

しかし、私自身は株式投資と今まで無縁の人生を送っていました。少し興味はあったのですがちまたでは億万長者になっただの破産しただの色んな情報が飛び交い素人が手を出す領域ではないと思っていました。

また彼女とは長年関係を続けており、仕事などある程度の私の環境については話していましたが具体的な勤務地やお互いの本名も知らなかったので、顧客になるのは少し抵抗がありました。

よくネットでは大人の関係になると本名や住所などすぐに教えてくれるような事を書いてありますが、私の長年のパパ活の中ではあまり本名などを聞くような話題にはならなかったですし、実際に本名を教えてくれた子の数は少なかったです。でも長期間にわたって関係が続くと教えてくれた子もいたのでそこまで信頼してれてるのかと思うとやはり嬉しかったですね。

しばらく顧客になるかどうか考えましたが、付き合いも長かったですし彼女が困っている姿をみるのも嫌なので顧客になることを承諾しました。

証券会社で口座を開くのはよく分からない規約の同意や様々な証明書類の提出をしました。普段なら面倒くさくて、胡散臭いと思って絶対にしないことなのですが長年関係があって信用できる人に頼まれたからこそ口座を開くことができたと思います。

証券会社に口座を開いてからは素人の私は何を買ったらいいのかわからなかったため、IPOに申し込むことにしました。

IPOとは新規公開株といって企業が初めて市場に株を公開する事です。公開直後は値上がりする事が多く人気があるため、買い付けは抽選で行われ、当たらないと買えることができません。

彼女は学生の頃から投資をしておりIPOに当たった話を聞いていましたので、私も興味がありました。

初めてIPOに申し込んだのですが、ビギナーズラックでトレードワークスという銘柄に当選する事ができました。この銘柄はIPOの中でもかなり上位にはいる値上がりになったので100万円近い利益を得ることができました。

これには彼女もびっくりしていました。証券会社が新規顧客にはIPOを当てやすくするなどを聞いたことがあるので彼女に問い合わせましたが、彼女の会社ではそういう事はしないとのことでした。

次回に続きます。

https://papakatsudeai.com/post-130

にほんブログ村

ワクワクメール

og:image / twitter:image

体験記

Posted by yousuke