バレリーナ5

不倫相手と会わなくなってからも私との関係は続いており、彼女が就職を考える時期になりました。私は編入してまでバレエの学校に行っているのだからそのままバレエを続けると思っていました。しかし、彼女からはバレエを続けて食べていけるのはほんの一握りだから普通に就職する事を考えていると言われました。

そしてカーブスという女性専用のフィットネスジムとJTの一般事務職の内定が決まったんですが他にも受けてみたい所があるため保留していました。他に希望していた所は某証券会社でした。彼女は実は金融に興味があり、学生ながら株をやっていました。大した金額ではないみたいですが着実に資産を増やしているようでした。

証券会社でも事務職ではなく営業職を希望していました。もともと性格はのほほんとしており親からはJTの事務職やカーブスを勧められていたようですが、どうしても証券会社に就職したかったらしく、黙って就職活動をしていたようでした。

結果は証券会社の内定が決まり喜んでいました。反対していた親も説得して証券会社への入社を承諾させたようでした。普段はのほほんとして優柔不断なところもあるのですが、こういう一面もあるんだなと驚かせられたと同時に好きなことであれば後悔のないように挑戦してみるのも大事で営業職も実はやっていけるかもしれないなと思いました。

その後彼女は学校を卒業して証券会社に就職しました。入社後に金融や株式の試験があるらしく、在学中から毎日勉強をしていたようで、試験は全国でトップだったようです。不思議なんですが私がパパ活をしている中で努力家で学業が優秀な子とも多く出会いました。

就職してからは会う頻度は少なくなるかなと思ったのですが、証券会社で忙しくなるのは3年目以降らしく、在学中と同じくらいの頻度で会うことができました。入社当時は泊まり込みで2週間の研修をした後に各支店に配属されました。この時違う都道府県に配属されたら会えなくなるなと心配していたのですが、彼女は同じ都道府県を希望し、それがかなったようで安心しました。

支店に配属されてからは上司の付き添いをして営業の仕方を学んでいました。上司はあまり教えてくれず見て覚えろみたいなタイプだったようです。あまり教わることもなく、しばらくしたら一人で営業を始めることになったらしいのですが、やはり最初からうまくいくことはなく、焦っていました。

その支店には同期が3人いたらしいのですが、同期の一人が契約をとったらしく、自分が契約とれないことに悩んでいました。社会人になると最初からうまくいくことはないので、落ち込むこともあると思います。私自身も同様の経験をしているので彼女をよく慰めていました。

次回に続きます。

https://papakatsudeai.com/post-126

にほんブログ村

ワクワクメール

https://550909.com/?f1511438

体験記

Posted by yousuke